トヨタ ルーミー 試乗レポート

ルーミーの試乗をしたので、そのレポートを書きたいと思います。

試乗したのはこちらの記事でも紹介した、お台場にあるMEGA WEB(メガウェブ)の試乗コースです。

ルーミーのノーマルエンジン車の試乗レポート

ルーミーは1.0Lのノーマルエンジンと、1.0Lのターボエンジンと同じ排気料ですが2種類のエンジンが採用されています。

今回は、ターボエンジン車との乗り比べができました。

まずはノーマルの1.0Lエンジン車の試乗レポートから書きます。

<加速性能>

ルーミーは見た目では1.0Lに見えないので、パワー不足が心配な方が多いと思いますが、試乗してみると、街乗りであれば必要充分な加速性能、走行性能だと感じました。

確かにパワー不足は否定できませんが、普段近所での買い物などで使うことがメインであれば、パワー不足が問題になることは少ないと思います。

うんちくを言うと、加速に関してルーミで不利だと思われるのが車両重量です。
ルーミーで使われている標準の1.0Lエンジンはパッソと同じエンジンなのですが、パッソの2WD車の車両重量「910kg」に対して、ルーミーの2WD車は車両重量が「1070kg」と100kg以上重くなっています。

パッソとルーミーは全長と全幅はほとんど差が無いのですが、全高に20cmほど違いがあり、構造上重くなるスライドドアの有無によって、これだけの重さに差が付いたと思われます。

数字で見る限りは、ルーミーの加速とパワーは圧倒的に不利に思えますが、試乗した印象はそこまでのパワー不足とは感じませんでした。

ただ、試乗はあくまで一般道ではない40kmの速度制限のあるコースで、乗車人数は私一人でした。

家族で使ってもらうことを想定しているルーミーなので、複数人で乗ることを考えるとノーマルエンジンは物足りないかも。

<加速以外の印象>

ターボ車とも共通する印象ですが、背が高い割に左右のふらつきが少ないと感じました。
足回りがしっかりしているのか、走行中にハンドルを左右に切っても、不安定に感じることはありませんでした。

後部座席の印象は違うかもしれませんが、ふらつきが無い方が、車酔いの心配が少ないので、お子さんの車酔いが心配な方にはいいかも。

後は、走行中の視界もかなり広くて、四角いボディのおかげで車両感覚もつかみやすく感じました。

奥さんがメインで乗るような場合、運転しやすく感じられるのは嬉しいところだと思います。

ルーミーのターボエンジン車の試乗レポート

ルーミーのターボエンジン車の試乗レポートです。

<加速性能>

加速感はノーマルエンジンとはかなり違いました。ノーマルエンジン車は正直なところ、山道や高速道路を多く走る方にはおすすめできないと思いましたが、ターボエンジン車であればパワーに関しては心配無いと思います。

排気量1.5Lに相当するパワーがあるということですが、確かにそれぐらいの排気量の違いがあるように感じました。

エンジン音もターボエンジン車では多少違い、ターボエンジン車では心地よい低音が出るようになっていました。

ルーミーはノーマルとターボどっちが良いか?

街乗り中心であれば通常の1.0L車で問題ないと思います。高速道路であっても、追い越し車線をずっと走るような乗り方でなければなんとかなるでしょう。

奥さんがメインで使うような場合はターボ車にお金を出すよりも、その分オプションなどを充実させるという考え方もあると思います。
デザイン重視でターボ車ではなく、カスタムを選ぶのもアリです。

ターボエンジン車は加速やパワーが気になるならば選んでよいと思います。というか、購入を検討する段階でターボ車が気になっている方は、通常の1.0L車を選んでしまうと何かと「ターボ車が良かった」と後悔してしまうかも。

ただ、個人的には通常の1.0L車でも使い方によっては充分とも思うので、この点は試乗段階でよく比較しておくのがいいと思います。

ターボエンジン車はノーマルエンジン車「+118,800円」という価格設定ですが、排気量「500cc」のアップが「+118,800円」で済むと考えると割安感はあるかもしれません。

男性の方がターボ車にするために奥さんを説得する場合、このように割安感があるところをアピールするのもいいと思います。

ルーミーを少しでも安く買う方法はトップページで公開中。

ルーミー 値引き

 

 

 

© 2017 ルーミー 値引き rss